メンデレーエフ周期律発見150周年
国際周期表年2019
Ni
アカデミアから

半導体性を示す芳香族分子単結晶の発見以来、分子性導体の科学が発展してきた。単一成分の分子性結晶として、含硫黄π共役配位子をもつニッケル錯体が合成され、その金属性は分子性機能物質の多様な可能性を示した。


Niは1000℃以上の高温で使われる超合金(スーパーアロイ)の主要元素です。NIMSで開発された単結晶Ni基超合金は787などの大型旅客機に使われ、航空機エンジンの省エネルギーに大きく貢献しました。


産業界から

100円硬貨に含まれるニッケル。実はそれ以上の価値がある元素です。テレビやスマホ、自動車や飛行機も!ニッケルなしでは進化はあり得ません。私たちはニッケルの性能を活かした機能材料で未来を創造していきます。