メンデレーエフ周期律発見150周年
国際周期表年2019
S
アカデミアから

硫黄化合物は、肉料理やコーヒーなどの香ばしさの元にもなるが、多くの場合ppb以下の低濃度でも悪臭に感じられる。日本酒などの飲料からの選択的な吸着除去による濃度制御法の開発が進んでいる。


東京理科大学 <Tokyo University of Science> は2031年に創立150周年を迎えます。スルホキシドの硫黄上はキラルであるため、それを利用して不斉合成をすることもできます。


産業界から

高純度化学研究所は、硫黄S化合物の合成を得意とする稀有なメーカーです。「技術革新の源は高純度材料にあり」という信念を大切にし、エレクトロニクス産業を中心に夢と魅力ある新材料を提供していきます。


高屈折率のメガネレンズ材料でトップシェアを誇る三井化学。その基盤になっているのがウレタンと硫黄を融合した「含硫ウレタン」の技術です。薄くて軽く、割れにくいレンズを作る上で、硫黄原子は欠かせません。